もう始まっている?ビットコイン決済を導入しよう

ビットコインと主な使い道

ビットコインは、2009年から世界規模で流通されているインターネットを活用した仮想通貨であり、決済手段も兼ねています。ビットコインを発行、管理する中央銀行のような金融機関は存在せず、ネットワーク内にあるブロックチェーンと呼ばれる台帳に、取引が管理されていることが特徴です。利用するには国内に複数存在している専門の交換所または取引所にて、ウォレットを作るためのアカウント作成と、ビットコインを購入するための現金が必要です。ウォレットは、パソコンやスマートフォンなど対応の専用ソフトとして用意されており、保管、管理が可能となります。ウォレット所持者間の送金や、クレジットカードより安い手数料での買い物が基本的な使い方です。

ビットコインの決済と主な店舗

ビットコインには、送金やショッピング決済において、銀行等の金融機関を通さないという特徴があります。ビットコインのウォレットアプリを含むスマートフォンなどを、支払い時に提示されるキューアールコードにスキャンすることで送金処理を行い、手続きを完了させる仕組みとなっています。利用が簡単であり、クレジットカードよりも使用料が安いことから、インターネットショッピングや小売店などを中心に導入されています。国内外の有名なオンラインショッピングを始めとして、電子コンテンツ販売から飲食店、エステなど多くの業種が、オンラインや店舗を問わない決済手段として使っています。ビットコインを現金以外の電子マネーなどに交換するサービスを行う店舗も現れるなど、広がりを見せています。