電子マネーとは違う!ビットコインは仮想通貨?

電子マネーと仮想通貨は何が違う?

近年、少しずつ話題になってきているのが
ビットコインなどの仮想通貨です。

新しく出てきた通貨というイメージはあっても、
なかなかその内容が分からない人も多いかと思います。

そこで今回は、ビットコインなどの
仮想通貨について少し説明していきます。

ビットコインは一言でいうと、
ネット上でのみ取引される電子通貨で、仮想通貨と呼ばれています。

皆さんが良く使っている電子マネーとはどう違うかというと、
電子マネーはポイントで、仮想通貨はお金ということが違います。

仮想通貨の場合は、円やドルのような通貨と同じ位置づけですので、
銀行がお金として認めていますが、電子マネーは企業が発行している
ポイントサービスなので、お金ではありません。

ビットコインの一番のメリットとは?

ビットコインについて少しわかってきたところで、
そもそもこのビットコインがどんな場面で役立つのか、
そのメリットについてお話しします。

このビットコインの一番のメリットというのが
銀行間の送金手数料が従来に比べて格段に安くなるということです。

一般的に銀行で送金する場合、送金手数料は
国内の場合500円程度、海外の場合7000円程度かかります。

しかし、このビットコインを利用した場合、
相手が国内でも海外でも送金手数料はなんと
数十円ほどで収まってしまいます。

特に海外送金をするグローバルな企業にとっては
この送金手数料の安さは非常に魅力的です。

今後、ビットコインが普及するにつ入れて、
円やドルではなくビットコインで取引をする
会社も増えてくるでしょう。